「D-WARS」…GODZILLA+ロード・オブ・ザ・リング+ドラゴンボール

2016y08m24d_213238506
もうズバリ結論から書きましょう。
この映画、まさに珍作中の珍品。おそらくはトンデモ映画の歴史にその名を刻む事になるのは間違いないでしょう。
このくらいかっとんでくれると、かえって妙に印象に残ってしまうから不思議です。
現代のロスを伝説の巨大ドラゴンが暴れまわるこの映画、なんと実は韓国映画なのです。
製作・監督は過去に「怪獣大決戦ヤンガリー」なんていうやはり怪獣映画史に残る珍作を発表しているシム・ヒョンレという方…この方「ゴジラ」が大好きと公言してはばからないし、よほど怪獣映画が大好きなんでしょうね。
いや、何を隠そうこのわたしも実は大好きなのですけれど…話を元に戻しますがこの映画、何と韓国映画史上最高の35億円という巨費を投じた超大作。
なるほど確かにロスの市街をドラゴンが暴れまくりだ。
アメリカ軍の誇る戦闘ヘリ・アパッチやエイブラムズ戦車と死闘を繰り広げるさまは、ハリウッド版「GODZILLA」を凌駕する見せ場となっています。
しかも「GODZILLA」のクライマックスが夜間だったのに比べ今回は白昼と、特撮スタッフの苦労もおってしるべしというところです。 脂肌改善リアル体験をしてほしいですね。
ただし、観終わった印象はものすごくB級…
この原因はやはり、ツッコミどころ満載のハチャメチャなストーリー展開にあると思います。
アメリカ市場を意識した為か、ロスを舞台にしたあたりから、早くも破綻が始まっており、ここはやはり韓国スターを配してソウルあたりを舞台にしていれば、ひょっとしてすごい傑作になっていたかも…なんて考えるととても残念です。
あの傑作「グエムル 漢河の怪物」の対局に位置する作品になったかもしれないのに…。

久しぶりに 瀬戸大橋温泉やま幸に行きました。

2016y08m21d_082721900

岡山県中庄にある瀬戸大橋温泉に数ヶ月ぶりに行きました。
正直、以前何度も行きまくり マンネリ化してるので期待してませんでした。

温泉にニキビ跡を消す効果があっらいいんですけどね。

しかし、今回は良い意味で期待を裏切られました。

夏の特別企画として源泉掛け流し企画温泉が新しくできてました。

これにはびっくりしました。入ってみると 水風呂に近いひんやりした冷たさがありました。

これ素晴らしいと思います。やま幸の内湯は、かなり熱い湯が多いけど 掛け流し温泉で 一気にひんやりしますし、水風呂より 少し温度も上ですし、長湯できる心地よさがありました。

また、イベント風呂は 寝湯コーナーに黄色いミニアヒルをたくさん浮かべていました。

これはユニークさ炸裂だと思います。

そして やま幸といえば、サウナで サウナ室についているテレビをみたり、休憩ルームでテレビみたりテレビを見ることが楽しみの一つとなってます。

今回はリオオリンピックの特集が多かったです。ゴルフが112年ぶりにオリンピック競技になったのは初耳でした。

また、レスリングでは吉田沙織が金メダルならず悔しそうなインタビューしてるとこがテレビで放送されてました。

しかし吉田選手以外の方がレスリングで金メダルを取りさすがと思いました。
やま幸は、今回 かなり心地よかったです。

THE PARTY STORYクラブ音楽DVD。

2016y08m20d_233740583

今から半年くらい前にアパレル系のお店で千円以下で購入した二枚組クラブ音楽DVDがあります。

「the PARTY STORY」というタイトルです。

この二枚組は 踊りたくなるような曲がてんこ盛りで PVがどの曲もすごいかっこいいし、ノリノリです。

特にPSYの「ジェントルマン」は再生回数も多いあの名曲で、PSYの遊び心が詰まったストーリーとなってます。
握りっぺしたり 片足ダンスしたりトイレ行きたいハンサム君の邪魔したり コミカルさ炸裂してました。

リアーナの「we found love」は創世記からの世界の終わり~そして再生!そんな感じのPVで一体感がバックダンサーにあってすごい好きです。

一枚目のDVDの最後に収録されていのも意味深です。

二枚のDVDを通して一番登場されてれのが「ピットブル」です。サングラスにスキンヘッドにスーツでよく登場しラップ部分を ワイルドに歌い上げるのが彼の魅力です。
またコラボ曲が何曲か入っており、コラボならではのアレンジとか盛り上げ方がみていて楽しかったです。

レディーガガの曲は「テレフォン」という曲です。 これもガガならではの遊び心が詰まったユニークなPVとなってます。

本当にボリュームがあり今でも時々観て聴いてます。

最近はやっているネット動画のフールーでも2,3が見れたら見てみたいですね。

3年ぶりに会った甥っ子がすっかり大人びていてびっくり

2016y08m20d_233158669

 

3年ぶりに遠方から実家に帰省した弟一家に会いに行ってきました。
中学2年だった甥っ子は高校2年になり、背はぐんと伸びて口数は極端に少なくなっていました。
何より驚いたのは居間の片隅でせっせと宿題をしていたことです。
幼いころは頼りなく、わずかな距離を歩くのさえ嫌がる根性無しで、
前回会った時は勉強道具など持って来ていなくてひたすらゲームばかりしていました。
弟の話によると、高校受験の前に学習塾に行ったことで勉強好きになったのだそうです。
そして、志望校に合格してからは成績もどんどん上がり、上がったことで益々やる気に火がつき、
すっかり勉強少年に変貌したらしいです。
健康とためとかで水素水なんかも飲んでるらしいです。
水素水の効果ってどんなもんんがあるんでしょうかね。
弟夫婦はもちろん私を含めて勉強好きな者は一族に見当たらず、突然変異を目の当たりにした気分です。
この先、どんな風になるのか楽しみな反面、大人っぽくなった甥っ子は構っても面白くなくなってしまいました。
お小遣いを渡した時だけはふっと幼さが残る笑顔を見せましたが、それ以外はまるで知らない人のようです。
こうして甥っ子が成長するということは、私たちもどんどん年を取っているということです。
次に会う時はすでに大学生になっているでしょう。
衰えていく一方の私は何だか取り残されたような寂しさも感じた対面でした。