安物買いの銭失いでした

takebe160224140i9a0405_tp_v
今まで、特に布団にこだわりはなく、成人してからも適当に家の押し入れにあった軽量の掛布団とシーツを敷かずにそのまま敷布団の上に寝ていました。本当に特に不快に感じることもなく過ごせていたのですが、今年の6月頃寝苦しい夜が続き汗を頻繁にかくようになり、掛布団と敷布団を近所の安い衣料品店で買い変えました。
購入した布団は、タオルケットのような薄手の掛布団と、敷布団は化繊の冷却効果のあるタイプを購入しました。最初は、どちらも問題なく使用していたのですが3か月ほど経ち、掛布団は端から糸がほどけてきて床に糸くずが散らばるようになりました。敷布団に関しては、毛玉がいっぱいできるようになり取っても取ってもすぐにできてしまうようになりました。また、このときあせもが頻繁にできるようになり、一時は結構症状が悪化し外出もできませんでした。敷布団・掛布団合わせて、3000円ほどしかせず良い買い物をしたと喜んでいたのもつかの間、すぐに状態が崩れてきたので結局3か月の使用で買い替えることになってしまいました。
原因がわからないまま、今度は綿100%の布団を一式購入し使用し初めて2週間が経ったころにはあせもが治ってきたので、今では前の布団が皮膚を刺激していたのではないかと思っています。買い替えたほうの布団は、前回の布団の倍の値段で購入しましたが寝心地もよく快適に過ごせています。
決して、高い物を購入したわけではないですが、値段だけを見て購入するのではなくきちんと素材もみて決めたほうがいいと学びました。

http://iifuton1.com/

コメントを残す