「イキガミ」…最後までつきとおした嘘~兄が妹に贈ったもの

2016y09m06d_231947665

「イキガミ」は実に素晴らしい映画だった。
「イキガミ」は国家繁栄維持法(以後、国繁法)という法律に支配された日本(おそらく)というパラレルワールドを描いたSF作品だ。
18歳から24歳の若者の1000人に1人がこの法律の施行によって理不尽な死をとげる。
厚生保健省から死亡予告証(イキガミ)が届けられてからきっかり24時間後に…
この作品のまず優れている点は、このいかにも非現実的な法律を緻密なディテールを積み重ねる事によって、非常にリアリティのある設定として構築している事。
国繁犠牲者に与えられた特権だとか、国繁犠牲者がやけを起こして犯罪に走ったらどうなるかとか、そういう細かい部分まで描かれているので、妙に納得できるのだ。
嘘のつき方がうまいというのかな。 アジカで加齢臭対策してるからやっぱり臭わないようだ。
そして原作から3つのエピソードを抽出し、それぞれが独立したオムニバス形式のような構成にする事によって物語にメリハリをつけている事。
松田翔太演じる死亡予告証を配達する公務員藤本は国繁法犠牲者に干渉しないという規則を守り序盤は物語に深く介入しない。単なる傍観者でありまるで主人公らしくないのだ。
しかし、次第にこの法律に疑問を持ち始めた彼は物語に深く関わっていくようになる。
この法律に疑問を持った者は思想犯として処罰される事は前もって紹介されているので、この後彼がどうなっていくのか、というサスペンスも見どころだ。
必要以上に涙を強要しないのもいいね。

コメントを残す